恋はつづくよどこまでも

恋はつづくよどこまでも天堂が元カノみのりと別れた理由は?原作ネタバレ!

主人公、佐倉七瀬(上白石萌音)が5年間想いを寄せていた、かっこよくて、仕事もできる優秀な医師である天堂先生(佐藤健)。

なのに彼女がいないのは、毒舌で性格に難ありのせい?

それとも、過去に才色兼備だという恋人と何かあったのでしょうか。。

元恋人の若林みのりと別れた原因を、原作漫画からネタバレ紹介します。

Sponsored Link

恋はつづくよどこまでも天堂の元カノみのりとは?

若林みのり(蓮佛美沙子)は、過去に天堂が付き合っていた女性。

みのりと、天堂(佐藤健)と同僚の来生(毎熊克哉)と同じ大学の医学部の同期でした。

3人は、切磋琢磨しながら研修医時代も過ごし、強い信頼関係で結ばれていました。

天真爛漫で周りをよく笑わせる “太陽”のような女性だったみのり。

少し不器用な天堂の良き理解者であり、2人は恋人同士でした。

恋はつづくよどこまでも天堂の元カノみのりの出会いを原作ネタバ

天堂浬と若林みのりは、同じ大学の医学部の同期でした。

みのりは、医学部ではかわいい、美人、と有名でしたが、それとともに”変わり者”としても知られていました。

なんと親の反対を押し切り、せっかく入った医学部を1年で辞めてしまい、みのりは看護師へと転身したのです。

ただ当時、天堂とみのりの関わり合いはありませんでした。

 

一足先に看護学部を卒業し、優秀なナースとなっていたみのり。

そして医学部をを卒業した天堂は同じ科へと配属となり、2人は再会を果たします。

ナースの立場から医師である天堂先生に物申すみのりに良い気のしない天堂でしたが、みのりが医者になるのを辞め、ナースになった経緯を知ります。

❞患者さんを寄り添うことで支えたい。気持ちが明るいほうが治りも良いはず❞

そんなみのりの考えも一理あると、天堂はそこから患者さんの信頼を得られるように心がけるようになり、そこから2人は付き合うようになりました。

Sponsored Link

恋はつづくよどこまでも天堂の元カノみのりと別れた理由は?

付き合ってから間もなくして、みのりを病魔が襲います。

治療法が確立していない、難しい病気。

天堂はみのりを救いたいと、みのりの治療へ関わるために呼吸器科へと転科しました。

長引く入院生活、治るかもわからない病気との闘い。

めぼしい治療法が見つけられないまま、毎日が過ぎていき、段々と減っていく2人の会う時間。

そんな中でもみのりは、自分の気持は後回しにし、天堂のことを気にかけていました。

 

しかし、治療法を見つけられないまま、みのりはこの世を去ってしまいます。

みのりを救えなかったことはもちろんのこと、『もっと一緒にいてほしかった』というみのりの気持ちに気がつけなかった天堂には、後悔しか残っていませんでした。

そして、みのりの死をきっかけに、笑うことも少なくなり、「魔王」と呼ばれるまでにストイックになってしまったのでした。

 

天堂が現在も呼吸器科にいるのは、今でもみのりの命を奪ったその病気について研究したいという気持ちがあるためです。

今でも天堂の心の中には、みのりの存在があるのでした。

一方で、ナースになったきっかけは天堂への一目惚れだったものの、佐倉七瀬の患者さんをサポートしたい、という気持ちや姿勢がみのりと似ているところがあり、天堂も七瀬にだんだんと惹かれていくのです。

 

相関図で、天堂先生や来生先生と同期なのに、若林みのりの年齢は”26歳”となっているので、亡くなったのはきっと7年前。

天堂先生、7年もの間、元恋人のことを想っているのですね。

Sponsored Link

まとめ

佐藤健さん演じる天堂先生が、笑わない魔王となった原因や、過去に付き合っていた元恋人『若林みのり』について紹介しまいた。

そりゃ恋人が亡くなってしまったら、誰だって引きずりますよね。

しかも自分は医者だっていうのに、大切な人を救えずに失ってしまったなんて、天堂先生の気持ちを思うと、本当に切ない。

早く佐倉七瀬(上白石萌音)に天堂先生の心を癒やしてもらいたいですね。

 

※今回紹介した、天堂とみのりの出会い~別れに関しては原作漫画の内容のため、ドラマとは異なる場合があります。

Sponsored Link
Sponsored Link