2019 夏ドラマ

【サイン7話ネタバレ】北見事件の犯人【森川葵】の新たな犠牲者が!

【サインー法医学者 柚木貴志の事件ー】の第1話で起きた事件で、コンサート中に命を奪われた北見永士。

その容疑者として逮捕されたのは、自首してきた北見永士のスタイリスト、宮島清花でした。

しかし、実際のところ宮島清花は北見をあやめておらず、犯人の身代わりとなっていたのでした。

どういった経緯で身代わりになったのか?裏で金と権力に操られた結果なのか?

原作韓国ドラマからネタバレ紹介します。

Sponsored Link

【サイン7話ネタバレ】北見の命を奪う計画が存在していた

もともと、北見の命を奪うという計画があり、その実行犯は宮島清香。

宮島清花には細かく指示が出されていました。

その計画では、スタイリストの宮島清花が飲み物に薬を入れ、命を奪うというもの。

そして、宮島はその見返りとして、宮島の親の元へ大金が振り込まれるという交換条件を出されていたのでした。

その為、最初から宮島が犯人として捕まり、北見の死は薬によるものだということが、解剖する前から決まっていたのです。

しかし実際のところは、直前になって怖気付いてしまった宮島。

計画を実行出来ませんでした。

そこで北見の彼女とウワサされていた、森川葵演じる政治家の娘の島崎楓がクマの人形を北見の鼻と口に押し当てて、窒息死させたのでした。

第1話で、一番最初に北見の亡き姿を発見した宮島清香は、自分が薬を入れていないにも関わらず息を引き取っている北見の姿を見て、恐れとともに呆然と立ちつくしていましたね。

そして、犯行を行っていないものの、計画通り警察へと自首したのでした。

【サイン7話ネタバレ】宮島の元へと面会に来た謎の女

第7話で宮島清香は、北見の命を奪ったのは自分ではないと刑務所の中から警視庁捜査一課の千聖の元へと電話を掛けます。

真実をすべて話すという宮島清香でしたが、もう終わった事件だという上からの圧力で捜査を出来ない千聖。

代わりに柚木が宮島清香の元へと話を聞きに行きました。

しかし、宮島の態度が一変。

何も話すことはないと柚木は追い返されてしまいます。

実は、柚木との面会の前に真犯人である政治家の娘、島崎楓(森川葵)が宮島に会いに来ており、脅され口止めをされていたのでした。

面会に行った際に、島崎楓の後ろ姿を見ていた柚木。

そこか見覚えがあるような気がしますが、なかなか思い出せません。

サインドラマ1話ネタバレは森川葵【金持ちの女】の正体は犯人か?サイン -法医学者 柚木貴志の事件-の1話が放送されました。 黄色いワンピースを着て、青いクマのぬいぐるみを抱えていた森川葵さん演...
Sponsored Link

【サイン7話ネタバレ】北見事件の関係者が犠牲に

宮島清花から、北見の事件の真相を聞き出せないままでいましたが、その後、刑務所のシャワー室でなくなっている宮島清香が発見されます。

事故として処理されそうになるものの、柚木の解剖により手と足の指に傷を発見。

調べてみると、その刑務所では直前に電気工事が行われており、シャワー室の電球に細工がされ、電流が流れていたことが発覚し、宮島清香は感電死ということがわかりました。

事故なのか?それとも、、

不審な点が多く、再び北見の事件の捜査を始める柚木と景。

密かに千聖と紀理人も協力します。

そんな時、北見の所属していた芸能事務所の社長、会田幹彦(猪野学)が泊まっていたホテルから転落したという通報が入ります。

会田幹彦もまた、事故に見せかけて命を奪われてしまったのでした。

会田幹彦を突き落とした犯人は、密かに会いに来ていた島崎楓(森川葵)。

これで、北見の事件の証人になりそうな関係者2人は亡き者となってしまいました。

 

そんな時、北見の命を奪ったのは島崎楓(森川葵)ではないかという情報がどこかから流れ、次期総裁の娘が犯人なのではと世間がざわめき始めました。

総裁選前の大事な次期に、娘のスキャンダルなどもってのほか。

秘書の佐々岡充(木下ほうか)はまた動きを見せます。

ウワサが流れてから表に出ていなかった島崎楓(森川葵)ですが、報道陣の前に姿を表し、議員の娘だと知った会田幹彦(猪野学)から脅迫を受けていたと話し、北見の命を奪ったのは会田幹彦だとまで発言しました。

やがて、次期総裁の秘書の佐々岡充(木下ほうか)の根回しにより、北見の死因となった薬を会田幹彦に譲ったという人物まで現れ、島崎楓(森川葵)の罪は亡き会田幹彦になすりつけられてしまったのです。

 

北見の事件は、所属事務所の社長の会田幹彦が犯人ということで収束を迎えましたが、納得の行かない柚木。

島崎楓(森川葵)の後ろ姿を見てから、ずっと気になっていたことが明らかになります。

北見の事件現場のコンサート会場の防犯カメラに写っていた、黄色いワンピースの女性は島崎楓であるということに気がついたのです。

島崎楓が犯人ということは分かったものの、証拠がないため行き詰まってしまう柚木。

そして、島崎楓を逮捕するために、ある行動を起こすことを決めます。

その行動が最終回の衝撃の結末へと繋がっていきます。

Sponsored Link

まとめ

サイン第7話の原作ネタバレを紹介しました。

ピエロの事件とは別の、北見の事件の犯人をめぐるメインストーリー。

新たな犠牲者が出たり、色んな情報が明らかになってきて、混乱もしますが最終回に向かってどんどんと盛り上がっていくので、続きも見逃せませんね!

【サイン】最終回結末を原作韓国ドラマからネタバレ!犯人逮捕が衝撃?大森南朋さんや松雪泰子さん、飯豊まりえさんなど豪華キャストでリメイクされて、7月から放送の【サインー法医学者 柚木貴志の事件ー】 ...
Sponsored Link
Sponsored Link