写真

保育園や幼稚園の作品どうしてる?写真を撮ってオリジナル作品集に

こんにちは、2児ママぬーぴーです^^

保育園や幼稚園では、絵を描いたり、季節の工作をしたり、いろんな作品を制作していますね^^

こんなにお絵描きが上手になったんだなぁとか、似たような色ばっかりで書いてるけど、この色が好きなのかな?とか、いろいろなことを絵から見て取れますね!

そんな、成長を感じる子どもの作品、年度末にはたくさん持って帰ってきますが、みなさんはどうされていますか??

Sponsored Link

どこまで残す?子どもの作品

うちの子どもが通う保育園では、絵など平面に収まるものは、まとめて綴じて、年度末に1冊の作品集を作ってくれます。

親としても、嬉しいものです(^ ^)

節分の鬼の仮面とか、発表会で使った作品などはその都度持って帰ってきます。

本当に可愛い作品たち。

すべて残しておきたいのは山々なのですが、、かさばる、飾る場所に困る、そして兄弟がいれば人数分、、

悩みは尽きません^^;

あと、家で書いたお絵かきも、残しておきたいと思うものですね~

わが家では、スケッチブックにお絵かきをしていて、書いた紙がバラバラにならないようにしています。

あとは、コピー用紙とか、裏紙に書いたお絵かきとか、、そんなものさえ愛おしいのだから子どもの力ってすごい!(親ばかでスミマセン。)

もう、本当にどこまで残しておいたら良いのでしょうかw

断捨離?収納?その前に子どもと作品について話そう♪

きっと、保育園や幼稚園から持って帰ってきた時にどんな絵を描いたの?とか、これはどうやって作ったの?など、お子さんとお話している思います。

ですが、断舎離したり、収納する前にもう一度いっしょに見返してみましょうね!

これ、上手だね~とか、ぺったんしたの?とか。

ただグルグル書きにした絵だって、これ〇〇に見えるね?とか、子どもが書いた絵でお話したら、自己肯定感も上がりますよね^^

子どもって、断片的に記憶している事柄もあるので、絵や作品を見たら、その時のことをよく思い出して、いろいろお話してくれるかもしれません♪

Sponsored Link

保育園や幼稚園の作品、どう残す?

ファイルや収納BOXで保管する

大きな画用紙がそのまま入る、ファイルや収納BOXが市販されています。

これ、『そのまま入る』というところがポイントですね!

画用紙も、折ったりしなくても保管できるということですからー!

画用紙というのは、しっかりとした紙なので、折ったら折ったでまた厚みが増します^^;

オリジナル作品集で思い出を残そう

おすすめは、オリジナルの作品集を作ること!

作品集とは言っても、そんなに大掛かりなものではなくて、写真に撮って、フォトブックにまとめるというもの。

写真というよりも、あくまでも作品集なので、ネット注文などのコスパの良いフォトブックでも十分だと思います^ ^

それに、撮った写真は時系列に並べれば良いので、子どもの写真でフォトブックを作る時のように、写真選びや配置に悩むこともないでしょう。

文字も入れられるので、子どもとお話して教えてくれた内容も一緒に残しておきましょうね!

Sponsored Link

まとめ

保育園、幼稚園の作品をどうしたら良いかについて考えました。

残念な話なのですが、わたしはこの1年、前年やその前の年の保育園の絵や作品を見返すことをしていませんでした。。

そう、しまってしまうと、見ないんです。

せっかく子どもたちが作ったのに、それってもったいないなぁ、そう思ったので、しまうまプリントのフォトブックで、作品集を作って残していくことに決めました!

しまうまプリントのフォトブックってどんな感じ?サンプルを注文してみた!こんにちは、2児ママぬーぴーです^^ みなさん、ネット写真プリントのしまうまプリントってご存知ですか? Lサイズ1枚¥6~で...

リビングの本棚に置いておけば、気軽に手に取って見られますしね^^

マタニティフォトの写真や、お宮参りなどの写真で作ったフォトブックは、今でも子どもたち自身も手に取って見ています。

きっと、自分の作品集があったら喜んでくれるんじゃないかなぁと。

ちなみに今はまだ、作品たちを断舎離するかどうかは決めていません。

フォトブックで作品集を作っておけば、もしいつか断舎離するときがきたとしても、心残りなく、そして慌てずにいられるかなぁと思いました。

Sponsored Link
Sponsored Link