モトカレマニア

モトカレマニア結末を原作からネタバレ予測!漫画の最終回はどうなる?

10月スタートの新木優子さんと高良健吾さん主演のドラマ、【モトカレマニア】。

原作は今も連載されている、瀧波ユカリさんの【モトカレマニア】という、女子の頭の中を赤裸々に描いたラブコメディマンガです。

原作漫画から、あらすじをネタバレ紹介します。

Sponsored Link

【モトカレマニア】原作漫画のあらすじ

こじらせ女子でモトカレマニア

主人公の難波ユリカは、初めて付き合ったマコチこと、斉藤真(高良健吾)の事をずっと引きずっている27歳独身女子。

別れた後に他の彼氏ができるものの、長続きしません。

当時は気が付かなかったけど、逃した魚は大きかった!と思い知らされ、今となっては、マコチと付き合っていた頃を美化し、神と崇めるほどです。

そして、気づけば元カレのマニアとなっていたユリカは、別れてから5年経った今もSNSでマコチを検索する毎日。

しかし、SNS上でマコチを見つけることができません。

共通の友人もなく、電話番号も変わってしまっているため、マコチの存在は消息不明となっていました。

山下との出会い

求職中のユリカは失業手当が切れる前にと、昔マコチと行ったカフェがある場所にできていた不動産会社へと面接に向かいます。(なんて適当な動機。笑)

色々と問題はありそうですが、仮契約ということで採用されました。

営業は好きだとは言うものの、不動産業界は初めてのユリカですが、初めての内見で営業スマイル炸裂でオススメした物件がその場で即契約に!

その初めてのお客様となったのが山下章生(浜野謙太)でした。

契約後の帰り道、山下に声を掛けられるユリカ。

流れで食事へ行くことになりますが、そのお店で昔のマコチとの出来事を思い出してしまい、、途中で帰ってきてしまいました。

そんな最中、会社で唯一まだ会っていなかった出張中の社員が現れます。

なんと、その社員がマコチだったのでした!

元カレ”マコチ”を見つけられないのは名字が変わったせいだった!

下の名前がマコチと一緒だな~なんて、リサーチ済みだった残る一人の社員。

しかし顔を合わせてみれば、なんとマコチ本人だったのです!

母親の再婚によって、名字が斉藤から福盛に変わっていたのでした。

通りで、SNSで検索しても見つからないわけです。

突然の再会に、運命では?心躍るユリカ。

ただ、会社のみんなに知り合いかと尋ねられたところ、昔のバイト仲間と答えたマコチにショックを受け、落ち込みます。

ソッコー親友のひろ美に相談しながらも、SNS情報によると独身だ!とか、元サヤ狙える?と一喜一憂し、感情を爆発させるユリカでした。

そんな中、マコチと2人っきりで話すチャンスが訪れますが、そこで物件を勧められ、営業された、、と引いてしまいます。

そして今度は、ユリカがマコチの心を乱す作戦に出ることにしました。

脱MKM!山下とお付き合い!?

ユリカに好感を抱いてくれていた、初めてのお客様の山下。

”マコチの心を乱す作戦”に利用しようと、友達以上恋人未満のお付き合いを始めます。

しかし、実は山下もMKMで、元カノのことが忘れられないこじらせ男子だったのです!

お互いの元カレ元カノの話を打ち明け、意気投合した2人は脱MKM!(元カレ、元カノマニア)を目指し、お付き合いを続けることになりました。

そんな山下とのデートは、仕事のあと食事へ行くのが定番。

美味しいお店を探し、食べモグにレビューを書き込むのが山下の趣味なのです。

ある時、食事をしていると、そこにマコチが1人でやってきます。

動揺を隠せないユリカは、マコチに気が付かれてしまいますが、山下の提案で同席することに。

逃した魚は大きかったのかどうか見極めようと、ユリカに席をはずさせた山下。

礼儀正しさと高いコミュ力に、好印象しか感じない山下でしたが、ユリカと山下が真剣交際だったらどう思うか?というカマをかけた質問をします。

大事な人だから応援する!という誠意あるマコチの言葉に、ユリカと山下は完全にノックアウトでした。

突然の告白

やはり、脱MKMを進めるしかないと、今の関係を打破するために1泊2日の旅行に出かけるユリカと山下。

一夜をともにするものの、それ以上の関係になることはありませんでした。

そんなときに、山下の食べモグのレビューに元カノの来栖むぎ(田中みな実)から、別れて以来初めての「ゴクリ」(いいね)がつきます!!

ユリカに説得され、山下は元カノに会いに行く決意をし、2人の関係は終わったのでした。

 

もう仕事を頑張るしかないと決めるユリカは、晴れて正社員として採用されます。

歓迎会の帰り道、マコチから山下のことを聞かれ、元カノと戻ったことを話します。

ユリカの脳内では、山下のことを聞いてくるなんて、ユリカのことが気になるから??とザワザワ。

そして、一緒に住んでいる同居人のことを聞いてみよう!と脳内では意見が一致するものの、ユリカ本人が暴走!

なんと、『マコチが好き』と告げてしまったのでした。

マコチの返事は、『好き』の気持ちに今は答えられない、なんて答えたら良いか考えてから自分のタイミングで言いたい、というもの。

ただ、可愛いと思っているとの捨て台詞に、返事をもらえていないのにユリカは舞い上がってしまいます。

Sponsored Link



ライバル登場

ある時、マコチから借りたハンカチの香りから、女子力高いorお金持ってる女性と同居しているのでは?と妄想するユリカ。

そこへ、ユリカと話したいという見知らぬ女性、丸の内さくら(山口紗弥加)が現れます。

ハンカチと同じ香りをまとっていて、すぐにマコチの同居人だと気が付きました。

緊迫した空気の中、平常心を保っているように見せかけながら言葉でやり合う2人。

しかし、実はさくらもモトカレマニアであり、マコチが元カレに似ているからそばに置いているのだと知り、変に意気投合します。

ただ、男女の関係がなくても、一緒にいる今が幸せだからマコチは渡さないと牽制されたのでした。

 

焦ったユリカはひろ美に相談。

ひろ美は、連れ込んじゃえばいいと大胆なアドバイスをしました。

数日後、マコチとのご飯の席で昔の話になり、マコチのDVDがユリカの家にあることが判明。

2人でユリカの家に行くことになり、なんと連れ込み成功です。

さらにはマコチの方からキスをしてきて、、動揺しまくるお互いの脳内。笑

どうにかこうにか、気持ちを確かめるユリカに対して好きだと言うものの、同居解消を言い出されて、『付き合うとは言っていない』、と突き放すような言葉をマコチは口走ってしまいます。

奈落の底へと突き落とされてしまったユリカですが、マコチとキスしたり、その先があるのならそれでも良いと思ってしまうのでした。

 

一方マコチは、キスしてユリカのことが好きだと自覚するものの、さくらのマンションを出ていきたいとは思わないというなんとも曖昧な考え。

そんなマコチを見て、まだ勝算はあると感じたさくらは、なんと、ソフレ宣言(添い寝フレンド)とともに、ベットで一緒に眠る2ショットの写メをユリカに送りつけたのです!!!!!

突然のソフレ宣言に心を乱されますが、脳内会議の末、

隣に寝ていてもそういった関係にならない、女として見られていないのだ!”

という結果になり、『ソフレで安心した』とさくらに強気に返信したのでした。

ただ、添い寝できるほどマコチがさくらに心を許している証拠だとも思い、内心穏やかではいられないユリカは、連れ込みリベンジを試みます。

既成事実からの元サヤ発展を画策し、夜に会う約束を取り付けますが、元カノとはワンチャンくらいしか考えられない、と同僚が話しているのを聞いてしまい、、マコチもそうなのかな?と落ち込んでしまうユリカ。

仕事後マコチと会うものの、1人泣きながらタクシーへと乗り込み、その場を後にしたのでした。

1人傷心旅行へ

そのままタクシーでたどり着いた先は、以前山下(ハマケン)と行った温泉でした。

そこで、山下との関係発展をけしかけた、おばちゃんズの2人と再会。

ユリカにキスをし、好きだと言いながらもさくらと添い寝していたりと、マコチが何を考えているかわからないと相談するユリカに対し、そんな時男はだいたい何にも考えていないと言い切るおばちゃんズ。

そして、男は好きじゃない女には好きとは言わないとして、付き合うことを考えてないというのは、その先の結婚が考えられないのではないかと話します。

結婚するほどの価値が自分にはないのかと、さらに落ち込むユリカでしたが、伝えたいことがあるのなら、とにかく落ち着いて話すことだと、おばちゃんズはアドバイスしました。

ダメ男マコチ

翌日、仕事を休んだユリカが気になるマコチ。

そんな中、顧客ファイルを落とすわ、顧客(さくら)と同居していることがバレるわ、営業成績落ちてるわで、社長に釘を差されてしまいます。

その夜、落ち込んでいたマコチは、安らぎを求めて後ろからさくらに抱きついてしまいます。

そしてそのまま眠りそうになりますが、、さくらがマコチの方を向き、そういう流れもあり?とマコチが思った途端、『話し合おう』とベットに正座させられます。

流れでしてしまったというマコチに対して、流れに巻き込まれる方の事を考えたことがあるのかと、厳しい言葉を並べるさくら。

その言葉に、『出ていきます』と、マコチは告げたのでした。

マコチが家を出ていくとまでは考えていなかったさくらでしたが、引き止めることもせず、ユリカへ連絡を入れます。

ユリカは大雨の中、さくらのマンションへとマコチを迎えに来て、笑顔で傘を差し出したのでした。

5ヶ月後…

さくらのマンションを出た日から、ユリカとマコチは元サヤに戻り、5ヶ月が経っていました。

元サヤ最高!と幸せに浸るユリカ。

マコチも、さくらのマンションへと迎えに来てくれたユリカの笑顔に救われたようで、元サヤに納得していました。

 

しかし、徐々に違和感を感じ始めるマコチ。

職場のみんなに元サヤのことやその先(結婚)の事を根掘り葉掘り聞かれたり、当然のように自分のYシャツにアイロンが掛けられていたり、、

自分の気持ちだけがこの状況に置いて行かれているような?感覚を覚えます。

今は幸せ。

しかしマコチは、その先のことまで考えられていないのでした。

【モトカレマニア】原作漫画の結末をネタバレ予想

モトカレマニアは漫画は現在3巻まで、月刊Kissに掲載されている続きのお話は24話~27話までです。

その先の結末ネタバレ予想

①さくらが再び登場!ダメ男マコチは説教をされ、めでたくユリカと結婚

②ユリカがマコチの気持ちの変化に気づき、話し合いの結果別れる→モトカレマニアを卒業

③マコチが一方的に別れを告げ、ユリカは脱MKMに失敗。

といったところでしょうか。

個人的にはハッピーエンドが好ましいですが、マコチと結婚してもユリカは結果的に幸せになれないような気がしてしまうので、、②推しです。

ドラマではどんな結末になるのか、楽しみですね。

Sponsored Link

【モトカレマニア】原作漫画の感想

ユリカの脳内会議や、ツッコミどころ満載の心の声など、読んでいて飽きない漫画です。

ひろ美の冷静ツッコミも好き。(個人的にはわたしはこっちのタイプかも?なんて思ってみたり。そういうのも面白いです。)

ユリカはまさに王道の、恋に恋する女子をこじらせた感じです。

そして、マコチと再会してからは翻弄されっぷりのユリカ。

わたしは、マコチって天然小悪魔男子なのかな?と思って読んでいましたが、ユリカに告白されて固まっているマコチの頭の中にもそれぞれ担当大臣がいて、ただの小悪魔ではなかったのか!と安心というかちょっとホッとしました。笑

後半は、やっぱりなんにも考えていない小悪魔男子以下に成り下がってしまいましたが(^^;

また、たくさんあるおもしろポイントの中で、わたしが好きなのは、ユリカとマコチが勤務する不動産会社のシーン。

昭和っぽい雰囲気の職場で、個性豊かな同僚たちのやり取りはまるでコントのようで思わず笑ってしまいます。

とくに、大沢将(森田甘路)。

マコチとの再会に心をときめかせて、翌日メイクバッチリで出社したユリカに対して、『顔、新しくした?』というシーン、思わず吹き出してしまいました。

背景には、アンパ○マン風のイラストも書かれており、、笑

ほんと、この漫画面白いです!

今回あらすじをネタバレ紹介しましたが、ぜひ原作漫画も読んでほしいところ。

イラストとか、ユリカの脳内情報の盛りだくさん具合とか、面白いので絵でも楽しんでもらいたいです。

Sponsored Link

まとめ

モトカレマニアの原作漫画のあらすじネタバレを紹介しました。

原作同様、ドラマも面白くなりそうな予感満載です。

今からドラマのスタートが楽しみです!

Sponsored Link
Sponsored Link