最果てのパラディン

【最果てのパラディン】ガスはなぜアンデッドになったのか原作ネタバレ

【最果てのパラディン】の主人公ウィルをブラッドとマリーとともに育てている、不死者(アンデッド)のガス。

そもそも、もとは人間だったであろうガスがどうして不死者(アンデッド)になってしまったのか、気になりますよね。

アンデットになった秘密について、原作マンガよりネタバレ紹介します。

※以下ネタバレを含みますので、ご覧になる際はお気をつけください。

最果てのパラディン
\無料で1冊読める/

品揃え国内最大級!
コミック.jp

【最果てのパラディン】不死者アンデッドとは?

人間として命を落としたものの、心残りがあると不死者(アンデッド)になってしまいます。

いわゆるゾンビのようなものですね。

不死者(アンデッド)の中には、ただのゾンビのような者から、生前の魂を強く残している最高位の不死者(アンデッド)まで存在します。

最果てのパラディンのお話の時代では、傷や病気などはある程度は祝祷術で回復させることができます。

しかし、即死の傷や祝祷術を受けられずに命を落とすことももちろんあり、そんな人の死を受け入れがたいとしたのが不死神『スタグネイト』でした。

もともとは悪神ではなく善神であったスタグネイトですが、生死の悲劇を見ることに耐えかねて、人を不死化させる悪神となったのでした。

簡単に言うと、「心残りがあるのに死ななくていいよ、生きてなよっ!」とゾンビにしちゃうという感じですね。

【最果てのパラディン】ガスがアンデッドになった理由とは?

悪神スタグネイトに見込まれ不死者(アンデッド)になったガスですが、そもそもなぜ死に至ってしまったのでしょうか。

その理由を紹介します。

上王(ハイ・キング)討伐

ウィルがガスたちのもとへとやってくる約200年前のこと。

いたるところで王級(キング)や将軍級(ジェネラル)のデーモンが現れ、世界規模の大乱が勃発。

その大乱の中、サウスマーク大陸で中心となり暴君と化していたのが上王(ハイ・キング)という悪魔でした。

王級(キング級)の中の王という、恐ろしい存在です。

上王(ハイ・キング)とは...

●自分の流した血から兵士級(ソルジャー)デーモンを生成
●自分の削がれた肉から隊長級(コマンダー)デーモンを生成
●刃物以外で傷つかない
●魔法が効かない
●愛剣は喰らい尽くすもの(オーバーイーター)

こんな相手、誰も退治出来ないと思ってしまいますよね。

世の中が終わりを告げるのではないかと人々が諦めかけていた最中、上王(ハイ・キング)討伐に名乗りを上げたのがガスでした。

用意周到に作戦を練り、多くの仲間の協力も得て臨んだ討伐でしたが、賢者ガスの考えつくされた作戦のさらに上を行く怪物だった上王(ハイ・キング)。

ガスの魔法とマリーの祝祷を受け万全を期していたブラッドだったのにも関わらず、敵わない剣術遣いだったのです。

そして、倒しきれずともせめて上王(ハイ・キング)の力を抑えようと、最終的にガスとマリーで封印を施したのでした。

これが上王(ハイ・キング)討伐の結果です。

不死神スタグネイトとの契約

上王(ハイ・キング)は喰らい尽くすもの(オーバーイーター)の剣を使い、神々の木霊(エコー)でさえ倒してしまう怪物。

封印がとけてしまうとスタグネイトにとっても厄介な存在なのです。

スタグネイトは『優秀な魂』は不死化させ、自分のもとに置いておきたいと考えています。

ガスやブラッド、マリーも死なせるには惜しいと不死神スタグネイトが見込んだ優秀な魂で、ある取引を持ちかけてきました。

上王(ハイ・キング)討伐にあたったものの、倒しきれずに悔いが残っているであろう3人に、不死者アンデッドになり上王(ハイ・キング)の封印を好きなだけ守ればいいと提案。

そして、もしも上王(ハイ・キング)の封印に執着がなくなった際には、完全にスタグネイトの下僕となることを条件にしていました。

取引とは言っても、スタグネイトに目をつけられたら容易く死ぬことは出来ず、不死者(アンデッド)になるしかないのです。

こうしてガス、ブラッド、マリーは生前の魂を強く残す最高位の不死者(アンデッド)となったのでした。

 

もしも、生々流転をつかさどるグレイスフィールの加護を受ける神官がやってきていたのならば、もっと早くにガスを輪廻に返すことができていたのかも?とも考えましたが、スタグネイトとの契約が先行していたらそれも難しいですね。

また上王(ハイ・キング)の封印を守っていることも含め、輪廻へと還されることをガスが素直に受け入れたとも考えにくいです。

>>【最果てのパラディン】ヒロインは誰なのか考察!

【最果てのパラディン】ヒロインは誰?グレイスフィールやスタグネイト?最果てのパラディンではヒロインが誰なのかはっきりしません。 美形だしいつもウィルの隣にいる存在として、メネルがヒロインなんじゃない...
Sponsored Link

【最果てのパラディン】ガスは死亡する?

人間としては死亡

ガスは死亡するかどうかですが、前述したとおり上王(ハイ・キング)討伐の戦いですでに人間としての命は終わりを告げています。

では、不死者(アンデッド)としての命が終わり2度目の死が訪れることはあるのでしょうか?

不死者(アンデッド)としての死はやってくる?

ウィルがスタグネイトの木霊(エコー)を倒したことにより、スタグネイトとガスの契約は切れました。

本来ならば、契約が切れた時点で不死者(アンデッド)としてもいられません。
(スタグネイトのおかげで生前の魂を持つアンデッドとして生き続けられていたから)

そのため、ブラッドとマリーは輪廻へとようやく還っていったのですが、、

なんとガスはまだ不死者(アンデッド)として生きることができているのです!!?

なぜアンデットとしての死を迎えていないのか、気になりますよね。

スタグネイトとの契約は切れたものの、3人がいなくなってしまうと、いつ上王(ハイ・キング)の封印がとかれてしまうかわかりません。

そのため、ガスは生々流転の神グレイスフィールと交渉をし、スタグネイトが再び木霊(エコー)を下せるほどの力を取り戻すまでの10年、彷徨ったままでいて良いという許しをもらったのでした。

さすがガスですね。

なので、ガスが不死者(アンデッド)として2回目の死を迎えるのは10年後となります。

まとめ

なぜガスは(不死者)アンデッドになったのかや上王(ハイ・キング)の存在について、原作マンガからネタバレ紹介しました。

上王(ハイ・キング)の封印をガスが守ってくれていますが、10年後スタグネイトの力が戻るころにはガスも輪廻へと還らなければいけないし、それ以前にほかのデーモンたちが封印をとこと何か仕掛けてくるかもしれませんよね。

それまでにウィルがブラッド以上の剣士になれるのかが見どころです。

>>【最果てのパラディン】ウィルは死亡するの?ネタバレ考察!

【最果てのパラディン】ウィルは死亡する?能力や武器や強さも紹介最果てのパラディンの主人公、ウィル。 ブレッドとガスから武術や魔法を教わり、とても腕の立つ戦士ですが、そんなウィルも死にかけたこと...